【簡易版】2021年以降のチャットレディの確定申告を簡単に説明

【簡易版】2021年以降のチャットレディの確定申告を簡単に説明確定申告

チャットレディの確定申告に関するサイトの情報が多すぎて長すぎて読むのが面倒くさい方のために簡易的に内容を記載していこうと思います。

また、2021年から確定申告に関して、いくつか変更された点があります。

そちらも踏まえ、チャットレディの確定申告で押さえておくべきポイントを簡潔にまとめてご説明いたします。

確定申告の大きな流れ

そもそも確定申告が必要な人は

  • 副業の場合・・・年間20万円以上
  • 本業の場合・・・年間48万円以上(チャットレディ以外の収入無しの場合)

本業と副業の切り分け方は、「個人事業の開廃業等届出書」を税務署へ提出したかどうかで決まります。届け出を出せば、個人事業をスタートしたとみなされ、本業として確定申告を行っていく必要があります。

確定申告の大きな流れは

  1. 税務署に確定申告書を取りに行く
  2. 必要事項を記入
  3. 提出期限までに税務署へ提出する
  4. 税金を納める

市役所へ住民票を取りに行く感覚と何も変わりませんが書く項目が複雑です。確定申告には、「白色申告」「青色申告」があり、申告内容に各項目が簡易になったり、特別控除がなされたりします。

収入の低い内は、取られる税金の額も少ないので、「白色申告」で簡易に済ませてしまえば問題ありません。

確定申告の期限は

翌年の2月16日 ~ 3月15日までの1ヶ月間

です。

確定申告の変更点(2021年の変更点)

NO変更点対象
1基礎控除10万円増額会社員、個人事業主
2青色申告特別控除が65万・55万・10万円の3種類に個人事業主
3給与所得控除10万円減額会社員
4所得金額調整控除の新設会社員
5未婚のひとり親も寡婦控除の対象に会社員、個人事業主
6配偶者控除、扶養控除などの合計所得金額要件の変更会社員、個人事業主

チャットレディが気にすべき点は、赤字の箇所になるかと思います。扶養から外れる場合の条件なども変更されることになりますので、注意が必要となります。※後述

白色申告と青色申告

申告メリットデメリット
白色申告・記入がもの凄く簡単
・事前申請が不要
・特別控除がない
青色申告・特別控除がある・記入がもの凄く大変
・事前申請が必要

対照的なメリット・デメリットの図式になりましたが、ここからは分かることはたった一つです。

所得が高い人はかかる税金も高いので青色申告がお得で、所得が低い人はかかる税金も低いので白色申告が良い。と言うことです。

経費で税金は少なくできる

経費で税金は少なくできる

所得とはざっくり言うと

収入 – 経費

となります。つまり、「経費」で所得を抑えることで、支払う税金が少なくなります。

チャットレディのお仕事では在宅で仕事をする場合の経費は

  • 家賃
  • パソコン代
  • インターネット代
  • 光熱費
  • 化粧品代
  • 携帯代
  • etc

在宅ワークのため、仕事で使っているものすべてが経費となります。

これは覚えておかないと、後々、損をします。

領収書がないと経費として扱えないため、領収書は必ずもらうように心がけておきましょう。

注意事項:主婦編

主婦が注意したい点は、「収入が増えると扶養から外れる」と言うことです。

収入が年間130万円を超えると、夫の扶養からはずれてしまい、自分で社会保険料を支払うことが必要になります。

また、チャットレディの税金の支払いについては、一般に言われる「103万の壁」などと言われるものが適用されず、年間の収入が48万円(2021年以降)を超えると税金を支払わないといけないことに注意が必要です。

これは、チャットレディのお仕事が給料制ではないため、「給与所得控除」が適用されないためです。

このことを慎重に考えて、お仕事をしていく必要があります。

注意事項:副業

副業としてして仕事をする場合、副業の収入が「住民税」によりバレます。

そのため、副業を働いている企業にバレないためには、「住民税」を普通徴取に変更して、自分で支払う必要があります。

働いている企業にバレたくない場合は、「住民税」を普通徴収にしてからお仕事を始める必要があります。

まとめ

今回は確定申告に関して概要レベルでまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。税金関連は複雑で記入書類がとにかく面倒くさいです。

また、2021年になってから、確定申告に関する変更点も増えました。税金周りに関する不明な点等がある場合は、税務署などで相談をすることを強くお勧めいたします。

特に、主婦の方は、自分で読んだ内容を理解・解釈せずに、税務署へご相談してみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、本記事の内容を理解してもらえれば、確定申告の入り口で困ることはないと考えています。

かかる税金・所得を抑える方法などのテクニックなどもありますので、下記のサイトをご参照ください。

参考:チャットレディの確定申告 ※2021年の変更点は加味されていない

チャットレディの仕事内容を見る

安全・安心な大手運営会社の求人情報を見る

タイトルとURLをコピーしました